津山さくらまつりの駐車場情報と混雑状況を徹底解説

岡山県津山市にある津山城(鶴山公園)。
歴史的にも有名な観光スポットですが、
桜の名所でもあるのをご存知でしょうか?

例年3月下旬〜4月上旬に『津山さくら
まつり』が津山城で開催されています。

このまつりに混雑を避けて行くなら
平日の午前中がおすすめです。土日は
屋台の出店、イベントが開催されて
混雑しやすいので避けた方がおすすめ
です。

駐車場は、桜まつり期間中臨時駐車場として
周辺の駐車場が案内されていました。
また最寄り駅の津山駅周辺にも駐車場は
あるので、そちらの利用も検討すると
良さそうでした。

今回は津山さくらまつりの混雑状況と周辺の
駐車場情報について解説していきます。

さくらまつり開催時の津山城周辺の駐車場

津山城の駐車場ですが、津山市公式観光
サイトでは津山観光センターの駐車場
利用を案内していました。

津山観光センター

普通車は30台駐車可能で、津山城まで徒歩
9分で行くことができます。通常時は無料
ですが、さくらまつり期間は有料駐車場に
なります。

しかし、県外からもさくらまつりに来る
人が多く来るので、この駐車場だけでは
とても足りない状況になります。

そのため、臨時駐車場として次の駐車場が
さくらまつりのパンフレットに案内されて
いました。どれも有料です。

津山文化センター駐車場(下側)★

(駐車可能台数 88台、徒歩5分)

津山文化センター駐車場(上側)

(駐車可能台数 70台、徒歩8分)

鶴山公園北広場

(駐車可能台数 100台、徒歩5分)

※2022年のパンフレットから大体の位置を
チェックして示しています。

アルネ津山駐車場

(駐車可能台数 750台、徒歩16分)

こちらの駐車場、天満屋津山店の提携
駐車場でもあります。買い物をすれば
金額にかかわらず駐車場料金が2時間
無料になりますよ。詳しくは下のURLを
みてくださいね。
天満屋津山店 駐車場のご案内

津山市城南駐車場★

(駐車可能台数 81台、徒歩12分)

城下駐車場★

(駐車可能台数 42台、徒歩10分)

確実に駐車したいという人は、規模が他より
はるかに大きいアルネ津山の駐車場に
行った方が駐車しやすそうでした。

また少し歩きますが、最寄り駅の津山駅から
徒歩20分あれば津山城まで行けるので、
津山駅周辺の駐車場もチェックしてみました。
こちらの利用も検討してみると良いかも
しれませんね。

津山駅周辺の駐車場

その中で駐車可能台数が20台以上の
駐車場を下に紹介しておきますね。

あなぶきパーク津山駅前

(駐車可能台数 95台、徒歩20分)

あなぶきパーク津山堺町

(駐車可能台数 26台、徒歩16分)

中央パーキング

(駐車可能台数 40台、徒歩11分)

三井のリパーク津山京町駐車場

(駐車可能台数 25台、 徒歩13分)

津山駅北口駐車場★

(駐車可能台数 21台、徒歩18分)

津山駅前駐車場★

(駐車可能台数 39台、徒歩18分)

ソシオ駐車場★

(駐車可能台数 60台、徒歩12分)

★マークが横についている駐車場は下の
URLから混雑状況をチェックできます。
良ければ参考にしてくださいね。
津山市駐車場情報

駐車場はあるのですが、土日など混雑する
日は周辺道路の渋滞が見られます
。渋滞に
巻き込まれて到着するのが大分遅くなって
しまった、というケースもあるようです。

渋滞に巻き込まれないためにも、少しでも
混雑が緩和している日に行った方がスムーズに
行けそう
でした。

津山さくらまつりの例年の混雑状況

津山城にある約1000本の桜ですが、例年
3月下旬〜4月上旬に見頃を迎えています
ちなみに2022年は3月27日に開花宣言
されていました。

さくらまつりが開催されるのも大体その
期間なので、平日も多くの人が訪れています
更に土日は屋台の出店、お笑い芸人のライブ、
地元の吹奏楽部の演奏やダンスの発表など
とにかくイベントが多く開催されています。

特に2022年はさくらまつり開催に合わせて
初めて花火の打ち上げが実施されました。
4月2日、9日の土曜日の20時からだったの
ですが、下のツイートを見ているとめちゃ
くちゃ人が多いのが分かりますね。

土日は屋台やイベント目当てで来る人が
多くなる
ので、まだ混雑が緩和している
平日に行くのをおすすめ
します。

平日でも午前中に行った方がまだ空いて
いるそうなので、午前中に行くのが
おすすめ
です。

どうしても土日に行きたい人は、SNSの
写真を見ていると屋台に並んでいる人の
様子が目立っていたので、お昼時は特に
避けた方が良さそう
でした。具体的には
10時〜16時くらいは混むようです。

土日に行く場合は早めの行動を意識して、
早朝に行くのがおすすめでした。

まとめ

混雑を避けるなら平日が良さそう

津山さくらまつりですが、見頃の時期に
開催されるので、平日でも多くの人が
訪れる様子が見られました

2023年の開催はまだ分かりませんが、少しでも
混雑を避けるなら平日に行きましょう。
時間帯も午前中に行くのがおすすめ
です。

土日に行くなら早朝がおすすめですが、
屋台、イベントでより混雑しやすいのは
覚悟して行った方が良さそうでした。

駐車場はアルネ津山の駐車場が最も大きく、
入れる可能性が一番高そう
でしたが、
津山駅周辺にもあるので、その駐車場も
知っておいたら便利そうでしたよ。

開催が決まって行く場合は、混雑予想の
ためにもイベントの開催状況をチェック
して行くようにしてくださいね。

最後に会場の津山城の住所、津山市公式
観光サイトのURLを記載しておきますね。

〒708-0022
岡山県津山市山下135
津山市公式 観光サイト

関連リンク

☆津山市の梅のスポットも紹介しています

同じ津山市にある『津山市神代梅の里公園の
梅まつり』についても紹介しています。
興味がある方はこちらも見てみてくださね。
津山市神代梅の里公園 梅まつりとは?アクセスや駐車場情報を徹底解説